エントリー

imagephoto

ABOUT

建物の基礎・構造。

マンションでは、建物の重さをしっかり支えるために地盤調査をし、建物に最適な基礎工法を採用しています。
さらに、鉄筋コンクリート構造は木構造と比べて一般的に地震や火災に強いといえます。

頑丈なつくりで
安心な暮らし。
さらに保険料も
安くておトク

「住宅性能評価書」付マンション

本物件は、設計段階で国が指定する第三者評価機関より「設計住宅性能評価書」を取得予定。さらに着工から竣工までの現場検査を経て完成時に「建設住宅性能評価書」を取得予定です。

「住宅性能評価書」付マンション
地盤・基礎について
地盤調査の実施

最適な基礎工法とするため、地質調査を実施。標準貫入試験や土のサンプリング採集などを実施しています。

  • 地盤調査の実施

    最適な基礎工法とするため、地質調査を実施。標準貫入試験や土のサンプリング採集などを実施しています。

  • 地盤調査報告書(参考)

    地盤調査報告書(参考)

  • 標準貫入試験概念図

    標準貫入試験概念図

  • 採取した土のサンプリング(参考)

    採取した土のサンプリング(参考)

足元を支える基礎工事《安全な基礎設計を施しています》

■建物を強固な地盤で支える直接基礎

本物件では、建物全体を直接地盤で支える直接基礎を採用。強固な支持地盤が地表に近いので、直接基礎を採用することが可能になりました。

(概念図)

(概念図)

■建物を強固な地盤で支える直接基礎

本物件では、建物全体を直接地盤で支える直接基礎を採用。強固な支持地盤が地表に近いので、直接基礎を採用することが可能になりました。

構造について
  • 耐震仕様の堅牢な建物

    (概念図)

    耐震仕様の堅牢な建物

    ■溶接閉鎖型せん断補強筋

    建物を支える柱の帯筋は溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。工場で1本ずつ継ぎ目を溶接加工しています。(一部除く)

  • コンクリート強度

    (概念図)

    コンクリート強度

    躯体のコンクリート強度には、設計基準強度Fc=30〜33N/m㎡以上のコンクリートを採用しています。(一部除く)

    ※30N/m㎡以上の設計基準強度のコンクリートとは単位面積(1㎡)あたり約3,000t(トン)の圧縮に耐える強さのコンクリートを意味します。

  • ダブル配筋

    (概念図)

    ダブル配筋

    地震時に建物に掛かる水平力がもっとも高い耐震壁などの主要構造部には、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。(一部除く)

  • コンクリートのかぶり厚

    (概念図)

    コンクリートのかぶり厚

    (概念図)

    コンクリートのかぶり厚

    構造耐力上必要な部分(柱・梁・耐力壁など)の鉄筋劣化対策として、鉄筋を包むコンクリート厚を建築基準法より約10㎜厚めに施工しています。(一部除く)

  • コンクリートの劣化防止対策
    コンクリートの
    劣化防止対策

    コンクリートは水・セメント・砂・骨材からなり、セメントに対する水の比率(水セメント比)が少ないほど、耐久性の高いコンクリートになります。水の重量比を50%以下に抑え、良質なコンクリートをつくるよう努めています。(一部除く)

  • 劣化対策等級
    劣化対策等級

    「デュオヒルズ妙蓮寺」では住宅性能表示(劣化の軽減に関すること)の「劣化対策等級3※」を取得しています。

    ※劣化対策等級3とは通常想定される自然条件および維持管理条件の下で、三世代(おおむね75年~90年)まで構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸張するために必要な対策が講じられていることを意味します。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

SOUND INSULATION

マンションの遮音性能。

生活を取り巻くさまざまな音への対策を施しています。
コンクリートが外部の音エネルギーを遮断するので遮音性も期待できます。

コンクリート造は
静かで快適な環境の
暮らしを支える
メリットがあります
上下階や両隣への生活音の対策と配慮
  • 遮音等級⊿LL(Ⅰ)-4等級相当の床材

    (概念図)

    遮音等級⊿LL(Ⅰ)
    -4等級相当の床材

    (財)日本建築総合試験場の試験結果で遮音等級⊿LL(Ⅰ)-4等級相当の製品性能を満たしていることを基準に、床材の選定を行っています。

  • 二重天井

    (概念図)

    二重天井

    躯体の床(スラブ)との間に空間を設けて天井を施工する工法です。直接天井仕上げを施工する場合と比べ、ダウンライト照明を設置でき、また将来のリフォーム時に照明位置の自由度が高いなどのメリットがあります。

  • 外壁構造

    (概念図)

    外壁構造

    外部からの音を抑え、また断熱性にも優れた構造です。(一部除く)

  • 水廻りの防音対策

    (概念図)

    水廻りの防音対策

    排水管には遮音効果を高める対策を講じています。

  • 戸境壁

    (概念図)

  • 戸境壁

    (概念図)

  • 水廻りの防音対策

    (概念図)

  • 戸境壁

    隣戸同士が互いの生活音に悩んだり、プライバシー侵害を感じないよう、戸境壁のコンクリート厚を約180㎜以上確保しています。

    ■水廻りが居室に隣接している場合

    隣戸同士が互いの生活音に悩んだり、プライバシー侵害を感じないよう、戸境壁のコンクリート厚を約180㎜以上確保しています。

  • 水廻りの防音対策

    排水管には遮音効果を高める対策を講じています。

道路沿いの物件のため、防音性に優れたT2サッシ※の採用

※T2サッシ(30等級):召し合わせやクレセント部分の隙間を良くした製品

道路沿いの物件のため、
防音性に優れたT2サッシ※の採用

外部からの音を約30dB低減する遮音性能T-2サッシを採用。生活環境の快適化を実現するための騒音対策も万全です。

コンセントの位置にも配慮

住戸内のコンセントボックスは、構造躯体の強度を守るため、構造躯体である戸境壁への打ち込みはせず、間仕切り壁か二重壁に設置しています。

ECO

マンションの
省エネルギー性。

断熱材や複層ガラスの採用は、断熱効果を高めます。
節水トイレは経済的で省エネルギー効果があります。

住まいのすべてに、
地球に優しい
クオリティを
追求しています
省エネルギー対応について
  • 断熱

    (概念図)

    断熱

    外壁には厚さ約40㎜、住戸スラブ下には厚さ約20㎜の硬質ウレタンフォーム断熱材を採用しています(ただし、外気と接する2階スラブ下には厚さ約50㎜のポリスチレンフォーム保温板)。さらに高い断熱効果が必要な屋根スラブには厚さ約50㎜の硬質ウレタンフォーム保温板、ルーフバルコニー上には厚さ約60㎜のポリスチレンフォーム保温板を採用しています。

  • 複層ガラスの採用

    (概念図)

    複層ガラスの採用

    ガラスとガラスの間に空気層を設けることで、断熱効果を高めた複層ガラスを採用。熱の侵入や放出を抑えることで冷暖房のエネルギー効率が高まり、冬暖かく夏は涼しい暮らしを実現します。

    (結露を完全に防止することはできません。結露対策には適度な換気が必要です。)

  • 4.8ℓ超節水+eco小で、節約&エコ

    (概念図)

    4.8ℓ超節水+eco小で、
    節約&エコ

    環境にやさしく、しかも経済的。従来品に比べ約71%の超節水が可能に。
    水道代も年間約14,200円おトクです。

    ■節水の試算条件
    年間使用日数:365日 家族4人(男性2人・女性2人)大1回/日・人、小3回/日・人 ※「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
    水道代=265(税込)円/㎥ ※東京都水道局(20A・30㎥/月・上下水道含む)より ※1 1987~2001年商品(C720R)

  • 4.8ℓ超節水+eco小で、
    節約&エコ

    環境にやさしく、しかも経済的。従来品に比べ約71%の超節水が可能に。水道代も年間約14,200円おトクです。

  • ■節水の試算条件
    年間使用日数:365日 家族4人(男性2人・女性2人)大1回/日・人、小3回/日・人 ※「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
    水道代=265(税込)円/㎥ ※東京都水道局(20A・30㎥/月・上下水道含む)より ※1 1987~2001年商品(C720R)

断熱等性能等級4"

本物件は最新の省エネ基準をクリアするECOマンションです。断熱性に優れているため、夏も冬も冷暖房効率が高まり、省エネルギーにも経済的にも効率の良い住空間を目指しています。

※住宅性能表示制度による「設計住宅性能評価書(取得済)」及び「建設住宅性能評価書(取得予定)」の温熱環境に関して断熱等性能等級の等級4を取得しています。

断熱等級

断熱等級とは「断熱性能等級」のことで、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で規定された住宅の省エネ性能を示すための基準です。

FIRE RESISTANCE

災害に対して
優れた耐火性能。

コンクリートは不燃材料なので、マンションは家全体が耐火構造になっているといえます。
もしもの地震時や火災時にも備える防災対策や設備も設置し、被害を最小限に抑える工夫を施しています。

万が一の災害の
被害を最小限に
抑えるための対策が
大切です
もしもの時に備える防災対策・設備等
  • 地震を感知すると最寄の階に停止し、ドアが開きます。

    (概念図)

  • (地震波イメージ)

    (地震波イメージ)

  • ガスマイコンメーター

    (参考写真)

  • 地震、停電、火災管制エレベーター

    地震を感知した場合、最寄りの階に停止してドアを開く「地震管制装置」や、停電時にもかご内停電灯が点灯したまま最寄りの階へ走行する「停電自動着床装置」を設置しています。

    ■P波センサー採用

    大きな震動エネルギーである本震(S波)が来る前の初期微動(P波)を感知するので、より迅速な避難が可能です。

  • ガスマイコンメーター

    (参考写真)

    ガスマイコンメーター

    各住戸に、震度5相当以上の揺れを感知、またはガスの流量が異常と判断された場合に自動的にガスを遮断するガスマイコンメーターを設置しています。

  • 耐震枠

    (参考写真)

    耐震枠

    大きな地震でドア枠が変形しても閉じ込められることがないよう、ドア本体と枠の間に適切な隙間を確保しています。

  • 保険料は「所在地」と
    「建物構造」で決まります

    RC造住宅の主な材料であるコンクリートは不燃材料。つまり、RC造住宅は家全体が耐火構造といえるのです。もちろん、防火地域にも耐火建築物として建築が可能です。

    ※保険期間5年で、約100㎡の場合。上限1,500万円の場合。※保険料が変更になる場合がございます。

『安全・安心』の
セキュリティシステム

マンション内の建物・設備の異常や専有部の各種警報等に、遠隔機械監視によって対応する365日・24時間セキュリティシステムをご提案します。異常時には、ALSOK(アルソック)が一次対応を行い、二次対応はフージャースリビングサービスまたは協力業者から技術者が駆けつけ、迅速に対処します。

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、外観・外構・色調等は実際とは異なる場合があります。なお、外観形状の細部・各種機器・配管及び電柱・架線・周辺景観は省略または簡略化しております。行政指導や改良等のため、変更となる場合があります。植栽は特定の季節を想定したものではなく、今後、樹種・位置・大きさ等変更となる場合があります。また、竣工時ではなく生育後を想定して描いております。

INFORMATION

銀座コンセプトルーム
OPEN記念!

お問い合わせ
フージャース銀座レジデンスギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座2-6-4
竹中銀座ビル3階

0120-700-996

営業時間/平日11:00~18:00、土日祝10:00~18:00
定休日/火曜・水曜(祝日除く)