外観完成予想図

住民目線を感じたメインパース

街の話ばかりしてきたが、建物についても触れてみたい。

本物件のデザインに対するこだわりを感じたのは、外観パースだ。スラッと縦方向に伸びたフォルムを印象付けるような上下方向に並行して走る二本のストライプ。これ自体はよく見かけるしつらえだが、じっくりと観察するとそうではないことがわかる。この二本のライン、マリオンではない。

マリオンとは建築用語。化粧柱などとも呼ばれる建物の開口部側に縦方向に付けられた部材だ。しかしこのパースをよく見ると、開口部のあるバルコニー側ではないことがわかる。この二本のラインは建物の外部階段だ。通常は「裏側」となる開放廊下側だが、それが本物件のメインビジュアルになっている。

シンメトリーな二本ラインにするため外部階段を2基設置していることはデザイン性だけでなく、居住者の利便性・安全性にもつながる。またマリオン以外にも、グレーの大理石とした貴壇部、上部の二色タイルなど遠方から見た外観は、二方向に接道した角地の物件であることも念頭に置かれ、存在感がありそして飽きのこないデザインとなっている。

通常のパースから考えると「裏側」でも、道路側から見えるこの眺めは将来の住民にとってのメインビジュアル。そのデザインにベストを尽くすためその分野のプロに外注(建物意匠デザイン:株式会社タクトスペースクリエイト、ランドスペースデザイン:株式会社いろ葉Design)し、工夫を凝らすという設計者の思想はとても好感が持てる。

これらの「住民目線」の工夫は、室内にも見られた。玄関のシューズインクロゼットにある印鑑置きにキーボックスといった細かな工夫が各所にある。ついワクワクするようなテーブルデザインのダイニングや、ゴージャスなリビングセットに目が行きがちだが、モデルルームではぜひ細かな工夫に目を向けてほしい。

デュオヒルズ堺ザ・レジデンス マンションサロンモデルルーム

LIMITED SITE資料請求者様限定サイト

資料請求いただいた方には、
メール等で物件の最新情報をお知らせさせていただくとともに、
モデルルーム優先案内会のご招待状を送付させていただきます。(郵送にて、3月下旬予定)
限定サイトでは、下記コンテンツをご覧いただけます。

資料請求方法と
限定サイト閲覧までの流れ

メールアドレスをお持ちでない方へ

「限定サイト」 へのパスワードを郵送いたします。
お手数ですが、右記までお電話いただきお申し付けください。

「デュオヒルズ堺ザ・レジデンス」 マンションサロン

tel.0120-300-396

営業時間 / 平日 11:00~18:00 土・日・祝日 10:00~18:00
(火曜・水曜日定休※祝日は除く)