DESIGN

都市生活は、心地よい空間で
美しく磨かれる。

approach terrace approach terrace

心をリセットする「アプローチテラス」。

この住まいへと帰り着いた時、
心がほっとするのは、優しい木々が迎えてくれるから。
しなやかに伸びる枝葉、鮮やかな色彩。
風が柔らかく運ぶ緑の爽やかな香り。
都市の慌ただしさを忘れていつもの自分へと帰る。
そんな日常を手に入れることこそ忘れがちだけれど、本当の贅沢です。

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、外観・外構・色調等は実際とは異なる場合があります。
なお、外観形状の細部・各種機器・配管及び電柱・架線・周辺景観は省略または簡略化しております。
行政指導や改良等のため、変更となる場合があります。植栽は特定の季節を想定したものではなく、
今後、樹種・位置・大きさ等変更となる場合があります。また、竣工時ではなく生育後を想定して描いております。

四季の緑とふれ合う、
安らぎのプライベートタイム。

エントランスラウンジ

この住まいには、3つのテラスがある。

「テラス」。それは内と外をつなぐ空間。
住まいにいながら自然の心地よさに満たされること。
そんなシーンを演出するために
花木が彩るエントランス前の「アプローチテラス」、
「インナーテラス」を眺めて寛ぐ共用部の「エントランスラウンジ」、
南向きの明るいバルコニーの「プライベートテラス」という
3つの「テラスと呼べる空間」を創出しました。

街並みに呼応し洗練された上質さを
繊細に醸し出す、厳選された素材。

MATERIAL

※掲載のCGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、外観・外構・色調等は実際とは異なる場合があります。
なお、外観形状の細部・各種機器・配管及び電柱・架線・周辺景観は省略または簡略化しております。行政指導や改良等のため、変更となる場合があります。
植栽は特定の季節を想定したものではなく、今後、樹種・位置・大きさ等変更となる場合があります。また、竣工時ではなく生育後を想定して描いております。

住まう方々を迎える、可憐な花々。
植栽が緑と暮らす幸せを創出。

敷地内の随所にヤマボウシやモミジをはじめとする多様な木々を植樹。
四季の移ろいとともに趣に満ちた景観を魅せ、日常に潤いを添えてくれます。

シマトネリコ、モミジ、ヤマボウシ、シャクナゲ、シラカン、ツツジ、ソヨゴ、アベリア 植栽カレンダー
敷地配置図 敷地配置図

緑の「アプローチテラス」を抜けると
その先に広がるのは品格に満ちたエントランスラウンジ。
ゆったりとしたソファに身を委ね
南面のガラス窓から「インナーテラス」を眺めて
心を解放するひとときをお楽しみいただけます。

南の都心方向を見晴らす、開放的なビューを満喫する 南の都心方向を見晴らす、開放的なビューを満喫する
Living Dining Room

明るいバルコニーで
テラスライフ。

明るい陽射しに包まれる空間で、のんびりと寛ぐ。
そんなプライベートなひとときを満喫できることが南向きバルコニーの良さです。
カフェのような空間に演出したり、ガーデニングを満喫したりと楽しみ方は人それぞれ。
どうぞ自分だけのライフシーンを見つけてください。

バルコニーイメージ

※掲載の眺望写真は現地12階相当の高さから2019年12月に撮影しCG処理を施したもので実際とは多少異なります。また眺望・周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の室内写真は2019年12月に撮影したものです。

comfort scene

南向きのテラスがあることで、ライフシーンは自在に広がります。

ガーデンスタイルイメージ

自分流のガーデンスタイルでプライベートな安らぎの空間を演出。

最近、話題となっているバルコニーのガーデニング。プチ菜園にして収穫したり、四季の花を飾って季節感を演出したり。ハーブを植えれば爽やかな香りとともに色々な用途に使えるという魅力もあり、楽しみ方は様々です。

読書イメージ

読書やパソコン、シェスタなどバルコニーで憩いのひとときを。

バルコニーは光と風の気持ちよさを存分に満喫できるスペース。たとえば読書をする、ノートパソコンを広げるといったことも、リビングで楽しむのとは違う趣です。折りたたみのチェアを一つ用意するだけの手軽さもいいですね。

花火イメージ

8月に開催される 河川敷の花火大会を自宅の窓辺から眺める贅沢。

陽光が降り注ぐ穏やかな街並みを眺めて寛いだり、美しい夜景に浸ったり、花火大会を眺めたり。豊かなひとときが日々をリセットしてくれることでしょう。(※一部住戸を除く)

オープンテラスイメージ

オープンテラスカフェのような居心地にランチやティーもひときわ美味しく。

ゆとりの空間をカフェ風にアレンジして、晴れた休日はブランチでのんびりしたり、優雅なティータイムを過ごしたり。海外の映画で観るような憧れのラグジュアリーシーンを住まいで実現してみてはいかがでしょうか。